ビタミンB3(ナイアシン・ニコチン酸)

血液の循環を良くする働き

高コレステロール血症改善

事実・性質・うんちくは?

  • 水溶性
  • 糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠
  • 神経系の健康と脳の機能のために必要
  • 体内でトリプトファンより作ることができる( ただし、ビタミンB1、B2、B6が十分にある場合)
  • 性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、テストステロン) の合成に不可欠
  • 循環系、消化系の働きを促進する
  • コルチゾン、チロキシン、インスリンの合成に不可欠
  • 加熱や保存でもほとんどこわれない

効果・効能は?

  • コレステロールと中性脂肪を減らす助けをする
  • 皮膚を健康にする
  • 脂肪の代謝を助けて消化系の健康を促進し、胃腸障害を緩和する
  • 血圧を下げる
  • 片頭痛を予防し、痛みを和らげる
  • 口の中、唇の潰瘍を治す
  • 口臭を消す
  • 下痢をやわらげる

足らなくなると?

  • 胃腸病
  • 皮膚炎
  • ペラグラ(ナイアシン欠乏症。日光照射による皮膚紅斑・口内炎・下痢・無気力など)
  • 神経症状

何に含まれますか?

  • ビール酵母
  • 小麦胚芽
  • レバー
  • 赤みの肉
  • たらこ
  • 鶏ささみ
  • プルーン
  • 魚(まぐろ、いわし、カツオ、ぶり、さば、しらす干など)
  • 豆類

副作用は?

過剰摂取で以下が起こる可能性がある(適切量なら問題なし)

  • 通風の発作を起こす場合がある(尿酸のコントロールを妨げる ため)
  • 顔が赤くなる
  • 皮膚がひりひりしたり、かゆくなる。
  • 糖尿病をひどくする(体の血糖処理を妨げるため)