ビタミンE

抗酸化作用により脂質の酸化を防ぐビタミン

生活習慣病や老化予防

事実・性質・うんちくは?

  • 脂溶性
  • 肝臓、脂肪組織、心臓、筋肉、血液、睾丸、子宮、副腎、脳下垂体に貯蔵される
  • 強力な抗酸化物質
  • ビタミンA、セレン、ビタミンCの酸化を防ぐ
  • 脂肪を含んだ化合物の酸化を防ぐ
  • ビタミンAの活性を高める
  • 血管拡張薬や抗凝固薬として働く
  • 摂取量の6~7割は便で排泄される。比較的短時間しか貯蔵されない
  • 更年期には体内のビタミンEの濃度が低下する
  • 特に、体内への効能や吸収は天然型が優れている
  • 女性にうれしい効能のあるビタミン

効果・効能は?

  • 酸化を防ぐ
  • 血管を健康に保つ
  • 血液をサラサラにして血管内を流れやすくする
  • 細胞の老化を遅らせる
  • 若さを保つ
  • 善玉コレステロールを増やす
  • 悪玉コレステロールの酸化を防ぐ
  • 悪玉コレステロールを運び出して血管の中を掃除する
  • 疲労を和らげる
  • 体により多くの酸素を供給する
  • 耐久力が増加する
  • 血栓を予防・溶解する
  • がんを予防する助けとなる
  • やけどの治りを早める
  • 傷から直接吸収され、また、内服もすると深い傷あとが残るのを防ぐ
  • けいれんや筋肉の硬直を緩和する
  • 新陳代謝を活発にさせるので冷え性や肩こり、肌トラブル解消
  • 利尿剤として作用し、血圧を上げる
  • アルツハイマーを防ぐ助けとなる
  • 流産を防ぐ助けとなる
  • 精子の数を増加させる
  • 精力減退を防止する

足らなくなると?

  • 貧血
  • 赤血球の破壊
  • 性機能障害
  • 筋肉の退行変性

何に含まれますか?

  • 大豆
  • 落花生
  • アーモンド
  • 小麦胚芽
  • 植物油
  • 芽キャベツ
  • 葉野菜
  • ほうれんそう
  • 精製していない穀類

副作用は?

副作用はない