マグネシウム

エネルギー代謝を助ける働き

骨や歯の健康維持

関する事実・性質・うんちくは?

  • 神経と筋肉の機能に必要
  • タンパク質合成、エネルギー代謝、筋肉収縮、血圧調整、体温調節など体内の酵素反応に関わり、生命維持に不可欠
  • 抗ストレスのミネラルである
  • ナトリウム、ビタミンC、カルシウム、カリウム、リンの代謝に必要
  • アルコール中毒になると、不足する
  • 血液中の糖がエネルギーに変換されるときに必要
  • 体内のマグネシウムの約50~60%が骨や歯に、残りは軟組織に蓄えられている
  • 血液中には1%しかないが、不足すると骨に貯蔵されたマグネシウムを放出して補う
  • 睡眠不足や運動不足が続くとマグネシウムが消費される
  • ビタミンB群とともに、糖質や脂質のエネルギー代謝に重要な役割を果たし、疲労回復の手助けをする
  • カルシウムとバランス良く摂取し、マグネシウム1に対してカルシウム2~3の摂取が望ましい
  • アルコールをたくさん飲むと尿といっしょにマグネシウムが排出されやすくなる

効果・効能は?

  • うつ病とたたかう助けとなる
  • 心臓発作を予防する
  • 脂肪を燃やす
  • 歯を健康にする
  • 循環系の働きを強める
  • カルシウムの沈着、胆石、腎臓結石を防ぐ
  • 早産の防止に役立つ
  • 消化を促進する
  • カルシウムとともに自然の精神安定剤として働く

足らなくなると?

  • 記憶障害
  • 神経質になる
  • めまい
  • 神経過敏になる
  • しびれ
  • 筋肉のけいれん
  • 注意力散漫
  • 偏頭痛
  • 血管が収縮して循環器系の疾患を引き起こす

何に含まれますか?

  • 海藻類
  • バナナ
  • いちじく
  • アーモンド
  • 大豆
  • ごま
  • ナッツ類
  • 野菜(濃緑色野菜、緑黄色野菜)
  • 魚肉類

副作用は?

マグネシウムを摂り過ぎると腎臓が悪い人は神経や心臓機能が低下したり低血圧などが起きる